雨どい取り付け Rain gutter installation


 この家を購入して10年が経ちました。
 色々とDIYを行ってきましたが、今回は一番基本的な雨どいを取り付けました。
 玄関にはヒサシがあって雨の日などは便利なのですが、このひさしから落ちてくる雨が問題でした。
 ヒサシの波板からまとまった雨が落ちてくるので、玄関土間は川のように雨が流れる状態でした。
 長年その状態が続いていたので、玄関周りにはコケが発生してとても汚い状態になっていました。
 
 長かった梅雨が明けた8月に、雨どいを取り付けました。
 


...
きたない。。
 玄関周りの土間です。
 緑色のコケの位置が、ヒサシから雨が落ちてくる所で、
 川となって流れる部分でもあります。
 ブロック塀には日の直射がない為か、土間に近い部分に
 黒いコケが生えています。
 こうなる原因はやはりヒサシから落ちてくる雨です。
 ヒサシの面積分で受けた雨がすべてここの土間に
 落ちてくる事になるので、これをすべて雨どいで
 回収すれば土間の水量は減ります。


...

結構な水量になります。
 問題のヒサシです。
 2m×5m分の面積で受けた雨が、すべて玄関の土間に
 落ちてきます。
 そこそこ広いので、結構な水量となって川になります。
 ここに雨どいを付けて、その雨をすべてシャットアウト
 させます。


...

ラクな方法を選べるのがDIY。
 このヒサシには鼻隠しがありません。
 雨どいは鼻隠しに取付けるのが早いので追加しています。
 使った板は、防腐処理が成された胴縁です。
 本来使うべき部位ではないのですが、防腐処理されて
 いるのでラクだったりします。
 こういうところがDIYの良さです。
 垂木にコーススレッドだけでは強度的に不安だったので
 アングル材で補強しておきました。


...

水平出しは重要です。
 重要な水平出し。
 雨どいは勾配を付けなければ水が流れていきません。
 取り付けた鼻隠しの水平を見るために、水盛り
 行いました。
 結果としてこのヒサシは左側が30mm低い事が
 分かりました。。
 雨どい勾配は1mで5mmとのことなので、
 丁度良い勾配になっている事になります。


...

良く考えられたブラケットです。
 雨どいを付けるベースが出来たので、雨どいの位置を
 見極めているところです。
 波板から流れてきた雨を効率良く、且つ、
 すべて回収できる位置を探しています。
 今回使った取り付けブラケットは、長さ調整が出来る
 ものなので便利でした。
 1200mm間隔でブラケットを5つ取り付けました。


...

横とい完成です!!
 雨どいの取り付けは簡単です。
 先端をブラケットに引っ掛けてぶら下げた状態で、
 後ろ側をブラケットにパチッとはめ込むだけです。
 この雨どいはホームセンターでよく売られている物です。
 パナソニック シビルスケアPC50
 これに対応した数種類のブラケットや、オプション品
 なども売られていました。
 取付ける前に縦とい用の丸穴を開けておきました。
 両サイドのフタを接着して横といは完了です。

 さすがに雨の日は楽しみでずっと観察してましたねw
 ヒサシから土間に落ちてくる雨は無くなり、土間が川となる事も無くなりました。
 門扉を通るときもヒサシからの攻撃が無くなりました。
 当然降雨による土間への浸水はあるのですが、川になるほどではありません。
 これでコケの発生も抑制できるのではないでしょうか・・・
 
 まだ、縦といの設置が終わっていません。
 次回は縦といの更新を行います。

 更新記事と連動したYouTube 動画です。


 チャンネル登録 お願いします!

 
 以上、台風のガラス窓対策 レポートでした。


▲2020.10.17

...
配管作業は大変です。
 縦といの設置です。
 左側に見える白い配管に接続します。
 配管作業は現物合せで作っていくので、
 ほとんど何もしゃべらず黙々と作業をしています。
 それが今までの私のDIYスタイルだったのですが、
 YOUTUBEを始めてからはなるべく分かり易いように
 話すことを心がけてきたのですが、この配管作業は
 ダメですね。。ついつい没頭してしまう。


...

DIYなら何でもOK
 夏休みだったのでホームセンターに在庫が
 少ない時期でした。
 ここの横配管も1350mmの物しか無くて
 継いで使っています。
 材料だけは長期連休前に準備しておくべきでした。


...

勘違い。。
 問題発生。
 自宅の既存配管はφ60mmだと思い込んでいたので
 画像の「寄せマス」もそれに合せて購入したのですが、
 実はφ55mmでした。。
 慌ててホームセンターに走るもφ55の寄せマスは
 売っていないという。。
 仕方ないのでφ60用をφ55に入るように加工しました。
 何とか取付けることが出来ました。


...

縦とい完成!
 そして縦とい完成です。
 縦と言うよりも横とい状態ですが・・・
 左の寄せマス部分は固定していません。
 寄せマスに差し込んであるだけです。
 台風で抜けないか心配な部分です・・・
 縦といは完全に宙に浮いた状態なので存在感あります。


...

雨とい完成です!!
 これで雨どい完成です!
 大した事ではないのですが、効果は絶大でした。
 まず、玄関周りに川ができないw
 川が出来ないので晴れるとすぐ乾く。
 ということはコケができにくい!!
 これで雨どいは完全完成です。


 掛かった費用は約1万円でした。
 費用対効果で言えばとても良かったと思います。
 これくらいなら業者に依頼してもそこまで高くはなかったかもしれません。
 まあでもDIY好きなら一度はやっとけコースの案件ですねw
 
 以上、雨どい取り付けDIY レポートでした。

 更新記事と連動したYouTube 動画です。


 チャンネル登録 お願いします!

 
 以上、台風のガラス窓対策 レポートでした。


▲2020.10.25

ページのトップへ戻る