タミヤ RC ホーネット The HORNET

...
忘れがたき名車。
 この画像を見て「ホーネットだ!」と分かる方は、
 若かりし頃に一度は目にした事があると思います。
 所有されていた方もいらっしゃるかもしれません。
 1980年代、私もホーネットを所有していました。
 小学生でした。お年玉で購入しました。
 というかお年玉以外では買えない高価なオモチャでした。

 2004年後期に、タミヤから復刻版として再販され、
 組立済みフルセットのXBシリーズも販売されました。
 存在は知っていたのですが、なかなか機会がなく・・・
 
 自宅ガレージも落ち着き、少し時間的にも余裕がでてきたので、ついに購入しました。
 タミヤ/XB ホーネット コンボミドルセット(2.4Gプロポ付) (完成品)
 上記リンクのバッテリーx2ヶと充電器、放電器の追加セット品を購入しました。
 
 実車を手にとってみた瞬間に、小学生の頃に入り浸っていた「国分模型」での様々なシーンが
 よみがえりました・・・店長の中島さん(現在は名前が変わっています)に模型やラジコンの
 ことを色々と教わりました。現在の私の基礎となっています。
 
 以下、とりあえずレビュー的なレポートとなります。


...
早速の改造w
 早速注文しました。4独改造部品!w
 実は小学生の頃にも一度やっています。
 当然、中島さんや上級生のアドバイスありきでしたが。
 当時はヒロボーゼルダの脚を移植する改造でした。
 今では完全に絶版部品なので識者の知恵を授かります。
 
 タミヤR/Cバギーのすべて (エイムック (1164))
 これに図解で詳細に改造方法が載っています。
 改造内容は30年前と同じで他車の脚移植です。
 
 
 下記の必要部品をタミヤカスタマーサービスにて代引で注文しました。
 OP527 32mmチタンターンバックルタイロッド 2本入-1ヶ)
 OP525 18mmチタンターンバックルタイロッド 2本入-1ヶ
 SP592 5mmピロボール 10個入-1ヶ
 SP591 5mmボールカラー 5個入
 SP596 5mmアジャスター 6個入
 SP576 3mmイモネジ 10個入
 SP577 3x10mmタッピングビス 10個入
 SP1211 3x5mmフラットビス 5個入
 OP22 3mmアルミロックナット 10個入-1ヶ
 SP966 TL01LAサスアーム 2ケ
 SP965 TL01LAリヤアップライト 2ケ
 OP29 1150ラバーシールベアリング 4個入
 OP830 TNSステンレスサスシャフト 1ヶ
 SP519 CVAダンパーミニ 1セット
 19805503 ローバーミニクーパードライブシャフト 2本
 19805082 グラスホッパースプリングマウント 6個
 19405916 キングハウラージョイントカップ 4個
 
 ところが一番重要なサスアームとアップライトが生産終了でした。。
 慌てて探して購入したのが下記。
 SQUARE/SWR-40BK/アルミリヤハブキャリア
 SQUARE/SWR-31RBK/アルミリヤワイドサスアーム
 SP883 39mmドライブシャフト

 10005069 グラスホッパーBパーツ


...

カッコいい後姿だ・・・
 ほぼ教本通りにやって完成しました。
 使えなかった物もあるので最後にリストをまとめます。

 トレッドが車輪外側で220mm→260mmに増えました。
 CVAミニでは長さが足りず、ギヤボックスが底突きした
 のでCVAショートに交換しました。
 スクエアのワイドアームを採用した関係で、
 変更を余儀なくされた物もあります。
 いま画像見てて気づいたんですが・・・
 アームの取付位置が左右で違う!リベンジ・・するか・・


...

開口穴には今のとこマスキングテープを貼っています。
 教本と違う所を補記します。
 アッパーアームは18mmターンバックル→32mm
 ターンバックルに変更。
 ドライブシャフトはローバーミニ用→39mmに変更。
 シャフト切断寸法はギヤ側28mm、タイヤ側42mmで
 教本と同じでOK。
 ギヤ側のジョイントカップが、開口穴に若干入り込んで
 しまうので内径4mmのスペーサーを入れてあります。
 手持ち品をグラインダーで削りながら調整したので、
 長さは不明w


...

これは4独化とは関係なくやった方がいいです。
 グラスホッパーBパーツ(ギヤボックス)を購入した
 最大の理由がコレです。
 ホーネットはローリングリジッドアクスルという機構が
 追加されていて、ここが上下に動くんです。
 走り出す時に、ココがガコッと動く事で、モーターの
 トルクが一瞬抜けてしまうんです。
 実車でもエンジンマウントを強化してトラクション抜け
 を防いでいるのに、この機構は良くないです。
 なのでグラスホッパーの動かない機構に変更しました。
 これは4独化とは関係なくやった方がいいです。

 肝心の走りはどうなったか?ですが、比較動画をつくってみました。
 遠めでわかりづらいですが、ノーマルのリアの跳ね具合を注意して見てください。


 かなり改善されました。というか4独は全く跳ねていません。
 実走させていると、トレッドが拡がったこともあり安定感があります。
 サスはダンパー長91mmに設定してスプリングはソフト、スプリングスペーサは全部入りで、
 走りを見てから調整しようと考えていましたが、このままでOKとします。
 イイ感じに仕上がってくれました。
 
 最終的に必要な部品をリストアップします。
 
 OP527 32mmチタンターンバックルタイロッド 2本入-2ヶ) 1000円x2ヶ=2000円
 SP592 5mmピロボール 10個入-1ヶ 250円x1ヶ=250円
 SP591 5mmボールカラー 5個入 150円x1ヶ=150円
 SP596 5mmアジャスター 6個入 150円x1ヶ=150円
 SP576 3mmイモネジ 10個入 150円x1ヶ=150円
 SP577 3x10mmタッピングビス 10個入 100円x1ヶ=100円
 SP1211 3x5mmフラットビス 5個入 100円x1ヶ=100円
 ZC-N3ABK /ヨコモ/M3アルミ製ナイロンロックナット4個入-2ヶ 250円x2ヶ=500円
 SQUARE/SWR-40BK/アルミリヤハブキャリア 3000円x1ヶ=3000円
 SQUARE/SWR-31RBK/アルミリヤワイドサスアーム 4500円x1ヶ=4500円
 SP883 39mmドライブシャフト500円x1ヶ=500円
 OPTION No.1/RS-012/ラバーシールベアリングセット 1000円x1ヶ=1000円
 SP520 C.V.A.ダンパーショート(II) 1300円x1ヶ=1300円
 19805082 グラスホッパースプリングマウント 2個入-3ヶ 230円x3ヶ=690円
 19405916 キングハウラージョイントカップ 4個 890円x1ヶ=890円
 19808189 3x8mmフラットビス 5個入 230円x1ヶ=230円
 10005069 グラスホッパーBパーツ 800円x1ヶ=800円
                                   合計16160円
 リンク無き部品はタミヤカスタマーサービスで購入してください。
 
 不要な物も買っているので2万円くらいは使っている感じです。
 サスアーム関係が高いだけで、他に良いタミヤ純正部品があれば1万円くらいには収まるかと。
 「それだけ出費するなら他のシャーシから脚丸ごと流用した方が安い!」って声もありますが、
 違うんです、ホーネットのギヤボックスを使用することにこだわっているんです。
 小学生の頃にやった改造がベースになっている事と、ギヤボックス変えたらギヤ比という
 ホーネット独自の個性が無くなって、それはもう別の車となってしまいます。
 思い出の車だからこそこだわりたい・・・そんな心境です

 実は4独改造後に走らせていて気になった事が・・・
 今度はフロントの跳ねが目立つようになったなぁ・・・
 
 
 以上、タミヤ RC ホーネット レポートでした。


▲2019.02.10

...
物足りないサス・・・
 フロントサスを改造しました。
 「ホーネット ダブルウィッシュボーン」で検索したら
 多数ヒットしたので、その中で良さげな物を選び、
 内容を吟味して自分なりのアレンジも加えての改造です。

 画像はノーマル状態ですが、ロワアームのみの独立懸架
 なので、沈み込んだ時にキャンバー角が変化します。
 アッパーアームとハブキャリアを追加して
 キャンバー角変化の少ないダブルウィッシュボーンに
 改造します。


...

カッコ良くなりました。
 完成です。
 詳細は先人英知のサイトに委ねますが、やる事は同じ
 です。ロワアーム交換でトレッドが広がるので、
 ステアリングロッドの長さが足りなくなると思い、
 ロッドのピロボール化も兼ねてサーボセイバーも
 追加しています。
 サスはCVAダンパースーパーミニを入れてみましたが、
 ストロークは問題なく確保できています。
 アップライトは純正を使用しています。


...

これは便利です。
 卓上で作業する機会が増えたので、小さい電動工具を
 探していて購入したのがこちらです。
 BLACK&DECKER EARD800 コード式マルチツール
 穴あけ、切断が出来る工具としては、この工具が
 一番コンパクトにできていると思います。
 先端を交換する事で様々な工具に変化します。
 バッテリータイプのEVO183B1もありますが、
 使用したい時にすぐ使えるコード式を選択しました。
 実際使ってみるとトルクは少ないですが、
 こういったラジコン改造には十分です。
 
 改造後の走りですが、これも改善されました。
 跳ねなくなった事もありますが、旋回半径が小さくなりました。
 今まではアクセルベタ踏み状態で曲がらせるとR3000mmくらいで曲がっていたのが、
 R2000mmないくらいで曲がってきます。
 小砂利多めのグリップしづらいコースなので、フラットダートならもっと小さくなります。
 この改造でもイイ感じに仕上がってくれました。
 
 必要な部品をリストアップします。
 
 OP539 φ5.5mmアルミスペーサーセット 520円x1ヶ=520円
 AS5340U-BK M3x5 アルミスペーサー 4.0mm厚 10個入-1ヶ 350円x1ヶ=350円
 SP1000 ハイトルクサーボセイバー 520円x1ヶ=520円
 SP746 CVAダンパースーパーミニ 950円x1ヶ=950円
 OP828 DT-02ターンバックルサスアーム&タイロッドセット 1100円x1ヶ=1100円
 10004252 Bパーツ 2個 450円x2ヶ=900円
 10115527 Mパーツ 1個 650円x1ヶ=650円
 SP-1093 46mmサスシャフト 4本入 220円x1ヶ=220円
 SP-1297 Dパーツ サスアーム 650円x1ヶ=650円
                                   合計5860円
 
 サス改造とは別に、アルミ製のサイドバンパーに交換しました。
 サイドバンパー(ホーネット・グラスホッパー用)ブラック 2600円x1ヶ=2600円
 これは合いも良くすんなり取り付けできました。
 
 しかし、ラジコンにどっぷりとハマっていますw
 改造部品も実車と比べるとアホみたいに安いので大人買いしまくりです。
 私の住んでいる街にはラジコンショップが皆無なのですが、ネット通販時代の恩恵を賜っています。
 自宅横の空き地をプライベートコースとして勝手に使っていますが、今度は広い河川敷あたりで
 走らせてみたいですね。

 ラジコンは、やりたい事が次々と湧き出てきます・・・


▲2019.03.03

...
純正のようだ・・・
 3Dプリンタで試作を繰り返していた4独改造部品が、
 ついに完成しました!!
 3D CADで設計だけは進んでいたのですが、
 3Dプリンタの不調に悩まされ時間を取られていました。

 画像はDMM.makeで購入した部品を取付けて
 改造したものです。
 無駄の無い機能美を感じませんか?自画自賛w


...

凛々しい後姿。
 ボディカウルを取り付けても何処にも干渉しません。
 バスタブフレームと一体化する事で、トラクション抜け
 していたリジッドアクスルも廃止できました。
 
 トータル3時間ほど走らせていますが、
 DMM.make製のMJF-PA12GB樹脂が割れたり
 壊れたりすることは無いですね。
 購入できる部品はグレーのみですが、画像の物は
 タミヤのつや消し黒スプレーで塗装しています。
 
 
 この改造部品は販売しています。
 ・SHAPE WAYS
 ・DMM.make

 4独化改造動画をつくってみました。


 趣味で設計した物がカタチになって実用化されると凄く嬉しいものなんですね。
 3Dプリンタで何度も試作をして、形状を詰めていく作業は普通の仕事と同じなのに
 こっちはとても楽しいw
 最終的にOKと判断した時点で、3DプリントサービスのDMM.makeに発注しています。
 3Dプリンタの記事でも書いてますが、3Dプリントサービスは高いです。
 このホーネットの改造部品4品だけで17000円です。
 私に入る金額は1割も無いです。。
 ですが、新しいプリント技術のMJF(マルチジェットファンクション)は素晴らしい!
 精度も良く強度もあります。こういった趣旨の部品には最適かと思います。
 
 グラスホッパー、ホーネットの4輪独立改造には、コレ!といった改造方法が無かったので、
 私の改造部品がひとつの解答になれれば幸いです。
 いや、昔は定番の改造法があったのですが、現在では必要部品の廃盤化が進み、
 通用しなくなっているので。。
 
 
 以上、タミヤ RC ホーネット自作改造部品 宣伝でした。
 
 
 追記
 4独改造後のサスの動きを撮ってみました。


▲2019.05.25

...
もう少し・・・
 あまりにも更新しなさ過ぎなので画像を投下します。
 FRサスのダブルウィッシュボーン改造部品を設計製作
 しています。
 
 かなり手こずっています。。
 ・カウルへの改造は行わない。
 ・ボルトオンで追加できる。
 この2点を目標に設計していますが、FRサスまわりは
 スペースの無さ、構造の複雑さもあって難航しています。
 
 
 画像はほぼ最終段階で、アッパーアームの取付け部が確定していません。
 ロワアームとアッパーアームが平行になっていないので、サスが沈んだときに、
 タイヤが面直をキープしてくれません。
 なんとか打開策が見出せたので、現在3Dプリンタで出力中です。
 試作で問題なければ、DMMさんで正式に販売いたします。
 
 以上、中間報告でした。


▲2019.07.28

 フロントサスペンションのダブルウィッシュボーン化改造。
 ネット情報で改造していたのですが、走らせているとシャフトが抜ける不具合が多発していました。
 他車のサスユニットを移植し、なおかつ10mm近いスペーサを入れて固定する改造でした。
 シャフトが抜けてどこかにすっ飛んで行ったのを機に、自分で設計する事にしました。


...

苦労のあと・・・
 3Dプリンタで試行錯誤した試作品たちです。
 右側の物はアッパー部品です。
 ここが一番苦労しました。
 シャーシへの追加工はなるべく行いたくないので、
 機能部品をボルトオンで完結したかったのです。
 アッパー部品は、計5種類も製作しました。
 そのおかげで納得できる物が完成しました。


...

厳つくなってカッコよくなりました。
 完成画像です。
 旋回安定性を求めた結果、ロワアームが異常に長くなり、
 純正のステアリングロッドでは届かなくなりました。
 私の車体はサーボセイバーに変更してステアロッドを
 ターンバックル化していたので問題ありませんでしたが、
 新規でこのキットを追加する場合は、ステアロッドを
 ターンバックル化するなど工夫が必要になります。
 リア四独キットのようにユニットで完結できないのが
 悔しい所です。


...

機械的に美しい。
 後方より見ると、アーム類が増えてダブルウィッシュ
 ボーンを主張しています。
 ロワアームが直線的すぎてデザイン上面白くない感じ
 がしていますが、私はデザイン屋とは違い機械設計屋
 なので機能最優先なのです。
 下の動画を見てもらえれば、サスが沈み込んでもタイヤの
 キャンバー角が変化していない事がわかると思います。
 ただ一つ懸念事項なのは、沈み込んだ時にステアロッド
 によりタイヤ後方が引っ張られて、若干トーアウトに
 なってしまう点です。
 純正のアップライトを使用しているので、これ以上の改善策が見つからない状況です。
 最近のオフロードカーでも購入して研究してみたい部分ではありますが、私の個人的なこだわり
 として、このホーネットに使われている純正のタイヤが使いたいという気持ちがあります。
 「純正のタイヤ=純正のアップライト」となってしまいます。
 最近の車はホイールの取り付け部分が変わっているので、同じように改造ができないのです。
 もし「純正使える改造もある」という情報ありましたら是非教えてください。お願いします。
 

 ダブルウィッシュボーン化改造動画です。


 改造部品の販売先はいつもの2社です。
 ・SHAPE WAYS
 ・DMM.make
 DMM.makeではMJF-PA12GBのブラックが選択できます。
 グレー色のナチュラルを購入して塗装も可能ですが、ブラックは色ムラもなく綺麗です。

 
 完成画像では、サスペンションを前後とも、yokomo製の車高調に変更しています。
 CVAダンパーの黒一色に飽きたという理由での交換ですw
 元がオンロード用なのかな?なのでストローク量が短いと思いきや、CVAとほとんど同じでした。
 バネやオイルの種類が多すぎて、なるべく柔らかめでセッティングして調整しているところです。
 
 
 以上、タミヤ RC ホーネット ダブルウィッシュボーン化改造でした。


▲2019.08.04


ページのトップへ戻る