台風対策 Typhoon measures


 近年の台風は凶暴化しています。
 2019年の台風15号の時には、初の避難所への退避を行いました。
 2020年の台風10号は関東は難を逃れましたが、過去最強という前振りで空振りでした。
 ですが、最低気圧 960hPa 以下の物が多くなっていることは否めません。
 
 10号接近前に話題になっていたのが ガラス窓の対策 でした。
 養生テープを米の字に貼り付けたり、ダンボールでカバーしてみたり・・・
 特にダンボールを貼り付けている絵を、ツイッターやインスタグラムでよく目にしました。
 「いやいやいや、絶対意味ねーだろ!」と一人突っ込んだものでした。
 
 そこで「僕が考えた最強の防御システム」を考えて実行してみました。
 


...
これで防御できる?
 窓にダンボールを貼った絵です。
 実際はポリ袋に入れて隙間無くガムテープで窓枠に
 固定されていましたが。
 パッと見では「防御できるんじゃないか?」と
 思ってしまいがちですが、絶対無理です。
 風速42m/s=時速150km/hです。
 野球選手が放つ150km/hのボールがこのダンボール窓
 に当たると割れることが容易に想像できますよね?
 瓦などが時速150km/hの風に乗って、100km/hの
 速度となってダンボール窓に突進してきたら・・・


...

これくらいは凹みます。
 ダンボール窓の模型にボールを当てた瞬間の画像です。
 球速は50km/hくらいでしょうか。
 それでも5cm凹みました。
 ダンボールは物が衝突すると凹みます。
 その凹んだ分がガラスに直接伝わり割れます。

 ただ、ダンボールを三重くらいにすればエネルギーを
 吸い取って、ガラスに伝わる残エネルギーは
 ガラス自体の強度で割れないかもしれません。


...

ガラスに貼り付けてはダメ。
 この凹みは、ダンボールだろうが木の板だろうが
 鉄の板だろうが必ず発生します。
 なので、緩衝材をガラスにピッタリ貼り付ける対策は
 全く意味が無いのです。
 凹みを逃げる空間が必要なのです。

 どうやって空間を確保しようかと色々考えました。
 ホームセンターで折板を調べて回ったり
 ネットで良い物がないか夜な夜な探したり・・・


...

コレは最高の部品です。
 ありました!最高の商品がありました!!
 枠付けブラケット
 本来は窓に面格子を取付ける為の部品です。
 アルミサッシであれば取り付けられます。
 ハンマーで叩き込むだけなので、窓に加工しなくても
 簡単に取り付けられます。
 これ本当によく考えられた部品です。


...

完成です!!
 「僕が考えた最強の防御システム」完成です!
 ホームセンターで窓サイズでカットしてもらった
 3mm厚のベニヤ板に、取り付け穴を開けて
 ボルトで固定しました。
 動画撮りながらだったので2時間くらい掛かってますが、
 撮影が無ければ30分で完了します。
 次回からは穴を明ける工程が無いので10分で完了です。
 これはマジいいです。ベニヤ板にしなりがあるので
 衝突した時の運動エネルギーを分散してくれます。
 一番しなった状態でもガラスに板は当たりません。
 
 初期構想ではダンボールでいくつもりでしたが、ボルト固定部が破ける事と、雨対策でポリ袋を
 被せる必要がある事、そもそも衝突部が破ける問題もあり、ベニヤ板に変更しました。
 窓が何ヶ所もあると大変ですし、ダンボールを大量に確保しておかなければいけないので、
 現実的ではありません。ベニヤ板なら何回も使い回せるし、かさ張らないので保管もラクです。
 デメリットとしては部屋が暗くなる事と、枠付けブラケットが邪魔なことです。
 枠付けブラケットは外すのが結構大変でした。
 何度も付けたり外したりしているとアルミサッシ枠が傷つきます。
 まあ、おいおい考えていきますか・・・
 
 ガラス窓の台風対策として一番良いのは、雨戸やシャッターです。
 ですが、DIYでやっても結構な金額が飛びます。私の家のような出窓はもっと掛かります。
 私の対策であれば枠付けブラケットが5000円、ベニヤ板が1000円、ひと窓6000円で出来ます!
 ダンボールはガラス飛散防止の為に内側に貼りましょう。

 更新記事と連動したYouTube 動画です。


 チャンネル登録 お願いします!

 
 以上、台風のガラス窓対策 レポートでした。


▲2020.10.10

ページのトップへ戻る