ボンネットフード Engine hood


 MR2はミッドシップなので、エンジンが後ろにあり、当然ボンネットも後ろにあります。
 高級スポーツカーも大概ミッドシップですが、ファストバック形状でルーフからボンネットが
 繋がった綺麗なスタイルになっています。そしてエンジンを"魅せる"ボンネットになっています。
 MR2は横から見ればファストバックですが、後ろから見ると、エンジン部分を切り取った
 ようなボンネットとなっています。
 ルーフ後端からリアトランクまで繋がるボンネットフードは、以前から販売されていますが、
 品物が大きいため値段も高く、デザインも好きになれませんでした。
 それなら、自分で作ってしまおうという趣旨で始めてしまいましたw
  


...
完全にエアロベース車となった初代・・・
 これが純正のボンネットです。
 整備書によると"フードサブASSY"です。
 左右にあるパネルは"エンジンフードサイドパネル"。
 エンジンのフード=ボンネット という認識でしたが
 フードサブASSYには「エンジン」が付いていません。
 フロントにある大きなフードは"フードASSY"でした。
 
 フードサブASSYを取払って、高級スポーツカーの
 ようなボンネットフードを製作します。
 まぁ、前例は多々あるので最終形は想像に難しくない
 かもしれませんが・・・

...

イケてる方法だと思っています。
 自作エアロで一番難しいのが"自然なR"です。
 後ろ下がりのルーフから続く自然な曲線を導き出す解が
 画像の1m鉄定規です。
 これで無理なく違和感のない自然なRができます。
 背面に置いたコンパネにラインを転写して型にします。
 
 やべぇ・・・トランクにはみ出した・・・


...

失敗作というか使えない物というか・・・
 ふんふふんふ~ん♪
 丸2日も掛けて失敗作を作製中です。。


...

この事実を知ったときの衝撃は大きかった・・・
 失敗作の原因です。
 上の画像で作っていたのは、透明樹脂の型でした。
 以前買ってあった、高透明度樹脂と高透明度ガラスマット
 で、リアガラスを作ろうと言う算段でしたが、
 試しに2プライ積層してみたら、ガラスの代用には
 成り得ない事が発覚しました。。
 左画像はピッタリくっ付けた状態で中々に透明です。
 右画像は20cm離した状態でほとんど見えません。。
 先にテストしてから型作れって話です。。


...

少しだけカタチが見えてきました。
 気を取り直して他の作業に移ります。
 左右にフード、真ん中は透明というのが基本構想です。
 左右のフードを製作します。
 
 コンパネとベニヤ板、角材を駆使してベースを作り、
 スタイロフォームを木工用ボンドで接着しました。
 ボンドが乾燥したら形状出しに入ります。


▲2017,06,03

...
スタイロフォームは便利です。
 サフォーマーでサクサク削って成形完了。
 スタイロフォームは形状出しがやりやすくて良いです。
 削りカスが静電気を帯びて厄介ですが。。

 コンパネに転写したラインに合わせて成形しました。


...

便利な樹脂です。
 発泡材用樹脂を塗布。
 スタイロフォームはFRPのポリエステル樹脂に溶けます。
 それを防ぐ為の発泡体用樹脂という物があります。
 一気に2回塗って、固まってからもう一度塗りました。
 


...

安定のガムテ固定。
 成形した結果、真ん中部分はほぼ平面だったので、
 FRP板を貼ってしまいます。
 面出しの手間を省くためです。

 長い事この作業をやっていますが、
 未だに面出し作業は不慣れです。。
 板金屋として面出し作業を習得するのではなく、
 趣味としてエアロを作る事を念頭に置いている
 ためかと・・・


▲2017,06,18

...
今回の作業で一番の難所でした。
 パテで一気に面出し。
 5回ほどパテの盛り削りを行いました。
 パテべらで均一に塗り伸ばして、薄い鉄板をしならせて
 パテをすくっていく感じで均しています。

 その技術?のおかげでR面の成形作業に
 大して時間が掛からなくなりました。


...

サフ吹き後は緊張します。
 400番まで磨いでサフ吹き。
 サフを吹かないと正確な面の状態がわからないので。
 R面だらけですが、おおむねイイ感じに出来ました。

 上面と側面のつながり部がキツイ感じだったので、
 もう少し削りこんでRをゆるやかに成形しました。
 


...

最終形が見えてきました。
 透明樹脂の型(使えなかった)をハメ込みます。
 ここにはアクリル板を貼るので、
 アクリル板の"ノリシロ"を作ります。
 欲しいのは上下左右2cm幅のノリシロです。
 真ん中の部分は不要ですが、型を作るときの
 サポートになってもらいます。

 やっと絵ヅラが変わりましたね。。


▲2017,07,08

...
純正然とした感じです。
 フード後端の製作に入ります。
 リアウィンドウの周りに付いているカバー
 "バックウィンドウアウトサイドモールディング"
 から型取りした部品を並べています。
 同じような形状、R面の方が違和感無く馴染むかと。
 フード面に合わせて仮接着します。


...

イメージ通りです。
 一旦取り外し、アルミテープで養生後に本格的に成形。
 フードR面にピタリと付くようにパテを押し込んでます。
 無理のないRになるよう何度も修正しています。

 削りすぎて穴が開いてしまったので裏にガラスマットを
 積層して補修しました。


...

長いです。
 取り外して細かい部分の修正。

 実はこの時点では別パーツ化を考えていました。
 ですが、無理な抜き勾配がある訳でもないので
 一体化する事にしました。


...

原始的ですが確実です。
 ということで、接着!!
 樹脂とガラスマット1枚での接着ですが、
 浮かないようにあらゆる物で押えています。
 


...

これ、カッコいいんじゃないの?
 接着完了。
 自分で作っておきながら割りと格好良いかもしれないw
 完全にトランクに掛かっていますが、
 トランク開閉不可の解は出ていません・・・


▲2017,08,06

ページのトップへ戻る