本文へスキップ

Refined MR2 -3Dプリンターエアロ-

Refined MR2管理者のMR2 3Dプリンターエアロの解説です。

Refined MR2管理者のMR2 3Dプリンターエアロの解説です。

3Dプリンターエアロ

PC用サイトはこちら
以前、一度は断念した3Dプリンターでのエアロ製作ですが、今回再挑戦する事にしました。
知人からエアロの相談を受けたことが事の発端です。

ショップブランドのオーバーフェンダーを付けたが、途中で切れていて先端部分がないので
そこを作ってもらいたい。とのこと。
早速現物を確認すると、なるほど確かに途中で切れている・・・
レース用のエアロではたまに見かけるスタイルではあります。

今回は物が小さいのと、格段に性能アップした3Dプリンターで試してみようと思い、
この企画をスタートさせました。

イメージ01

この車は、知人の『ノート e-POWER NISMO』です。
「ナニコレケッコウカッコイイ」が所見でした。
日産のこのVグリルはかっこいいですよね。
ショップブランドのオーバーフェンダーが取り付けてありますが、前側の途中で終わっています。
オーナーから「なんか物足りない」と相談を受けた事で今回の企画がスタートしました。


イメージ02

この企画で一番難しいと思うのがコレです。
ボディの曲面を数値化することです。
通常のエアロ製作法であれば、そんな事は必要なく、画像のようにFRPを貼り込んで形状を取れば完了です。
そのFRPにスタイロフォームなりクレイなり盛り付けて成形するという手順になります。
ですが、3Dモデルを作る場合は曲面の数値が必要です。
その数値を取る為にFRPを貼っています・・・


イメージ03

パーソナルユースの3Dスキャナは使い物になりません。
実際に使った事があるのと、得られた点郡データの編集に莫大な時間が掛かるからです。
いろいろ考えて画像のような計測冶具を作製しました。
ホームセンターで売っている引き出し用レールと、柱っぽい何か・・・にマイクロメータを取り付けました。
型にマス目を引いて交点を計測しました。


イメージ04

計測した数値に従ってボディ側の面を作図して、オモテ側のデザインを造り込みました。
CADは、Autodesk社のFUSION360です。
計測時と同じ幅のマス目の作図平面を作り、計測結果の点を置いていき、サーフェイスを貼りました。
これでボディと同じ面が出来たハズです。
表側のデザインは、オーナー希望と私のスパイスを取り入れて設計しました。


イメージ05

ダヴィンチの造形サイズは175mm x 175mmなので、2分割で出力しました。
樹脂は、収縮率の低いPLAです。
上側は約9時間、下側は17時間です。
最初はボディ面だけ抜粋して出力すれば良かった・・・


イメージ06

現車に仮付けしました。
全体のイメージが見たかったのと、ボディとの隙間を確認したかったのです。
しっかりと計測したのに隙間がありました。
下側の段差部分を見逃して設計してしまった為です。

最初に型取りしたFRP裏側にFRPを貼り、バンパーを複製しました。
これで、わざわざオーナーさんにウチまで来てもらわなくても現車合わせができるようになります。
このあとは、隙間を埋める為に3Dモデルを修正しました。

更新記事と連動したYouTube 動画です。

チャンネル登録 お願いします!

▲2020.05.16

Refined MR2 トップページへ